おまとめローンは親や会社にバレない?

おまとめローンというものは複数の借入れ先を1つにまとめることができるローンで複数社に返済することでバラバラだった返済日を1日にまとめることができますし、月々の返済額を低くすることができます。

月々の返済額が減ることで経済的な負担が軽減するというメリットがありますがおまとめローンを組んでも返済する元本はかわらないので返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長引けば、長くなった分だけ金利が発生するということになりますので返済する総額はおまとめする前より増えることになります。

一方で、与信限度枠が高ければ適用金利が低くなりますのでおまとめローンで高い与信限度額が承認されることになれば、低金利で借り入れられる可能性もあるのです。

ですから、きちんとシミュレーションして返済額を算出することで返済総額を増やさずに、しかも毎月の返済を楽にすることも可能なのです。

おまとめローンを利用する機会は人生に1度あるかないかだと思いますので、利用を考えているほとんどの人が、わからないことだらけだと思います。

手続きに必要な書類や、返済方法などといった疑問は各金融機関のホームページに掲載されている「よくある質問コーナー」に回答があります。

借金がいくらになったら、おまとめローンを考えたほうがよいかといった一般的な質問についてはインターネットで「おまとめローン よくある質問」と検索して情報サイトを探すのがいいでしょう。

情報サイトには消費者金融と銀行のメリット・デメリットも紹介されていますしサービス内容の比較もあるので、初めて利用する方には非常に便利だと言えます。

審査に通るコツや落ちる人の傾向など、初めてローンを組む人には大変有益な情報も多いのでおまとめローンの利用を検討している人は、是非検索してみてください。

銀行で、おまとめローンという商品を取り扱っているところは少なく借り換えローンやフリーローンというサービスのほうが一般的です。

銀行には総量規制がないので与信枠内であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融の場合、総量規制の特例貸付を適用していることから、返済専用のローンなのです。

銀行のフリーローンであれば事業用資金以外は使い途は自由となっているのですが消費者金融の場合、貸金業の返済のみに限定されています。

銀行の場合、消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能となりますが消費者金融のおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円ですから、銀行と比較すると見劣りするのは否めません。

しかし、消費者金融は銀行よりも審査に通りやすいとされていますし審査結果がスピーディーであることいったメリットもあります。

「はじめてのアコム」でお馴染みのアコムにはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンというキャッシングローンがあります。

消費者金融などの貸金業は総量規制が適用されますがおまとめや借り換えは総量規制の例外貸付が適用されるので対象外となります。

総量規制が適用されない例外貸付とはおまとめローンの借入れを含めた借入額が年収の1/3をオーバーしてもOKな制度です。

アコムの借換え専用ローンは融資の最高額が300万円ですが、実質年利は7.7%~18.0%と高めの設定になっています。

融資金の使い途は消費者金融などの返済に限定されておりクレジットカードのショッピング枠の返済に使う事はできません。

おまとめローンは複数の借入れを1本化できるので毎月の返済額を抑えたり引き落とし日を管理しやすくできるメリットがあります。

おまとめローンもキャッシングローンなので審査がありますが通常のカードローンよりも最大利用限度額が低く、最低金利は高い商品が多いです。

実際の貸付金利を銀行と消費者金融で比較jしますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は3.0%から17.5%(アイフルおまとめMAX)となっています。

おまとめローンをどちらの金融業者から借り入れるにしても月々の返済額を抑えるということは返済期間が長くなるという事です。

返済期間が長期化すれば加算される利息も多くなるので返ってトータルの返済金額は大きくなってしまいます。

おまとめローンを利用すると利息を減らすことができると言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしていることが原因です。

おまとめローンで本当に利息が少なくなるかどうかは事前にきちんと金利の計算をして確認しておくことが大切です。

おまとめローンをやっている金融機関の多くは自社のホームページに返済シミュレーションを設けています。

現在、借入している金融機関の金利や借入額を入力するだけでおまとめローン後の返済額などが瞬時に表示されますから簡単に比較することができるのです。

消費者金融のおまとめローンよりも銀行の方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行のおまとめローンを検討している人は、まずは返済シミュレーションで正確な金利を計算しましょう。

おまとめローンはいくつもの金融機関から借金をしている人が借入先を整理するために新規に融資をしてくれる所を見つけてこれまでの借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというローンはこれまで借りていた金利よりも低金利のローンから借り入れて今までのローンを一括返済し新規ローンを返済していく、いわゆるローンの乗り換えを意味します。

おまとめローンと借り換えローンは金融上の定義づけは異なりますが、厳密に区別されることはないようで借り換えローンという名前でおまとめローンを提供している金融機関もあります。

消費者金融は高金利で、銀行は審査が厳しいのが一般的ですが必ずしもどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得とは言い切れないのです。

消費者金融のおまとめローン、借り換えローンは追加融資ができないのに対し銀行はフリーローンが多く、通常のカードローンと同じように限度枠内なら追加で借り入れや返済が可能です。

「君たちやっぱり・・」のCMでお馴染みのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンと呼ばれるキャッシングサービスがあります。

消費者金融のローンですが、一般のカードローンと違う点は、総量規制の例外貸付が適用される点や追加融資ができない返済だけのカードローンということです。

6.3から17.8%と高めの金利設定になっていますが銀行のおまとめローンよりもスピード感があります。

最大限度額が300万円以下と少々物足りなさはありますが20歳から65歳以下で安定した収入がある人ならアルバイトでも申し込みができます。

引用:おまとめローンオリックス銀行低金利

既存の借入先への返済を代行してくれるだけでなく代行手数料や振込手数料、更には繰り上げ返済手数料も無料になるメリットがあります。

マイカーローンの返済期間は平均5年から7年とされていますのでショッピングローンとしては長い期間といえますが自動車そのものが高額ですから毎月の返済額が高くなるのは避けられません。

マイカーローンの返済中に給与が減ってしまうと毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを検討するという可能性が出てくるかもしれません。

銀行のおまとめローンであればそれも1つの選択肢としてありだと思いますが消費者金融は、マイカーローンのおまとめはできないかもしれません。

なぜならば、消費者金融のおまとめローンというものは、「貸金業者」からの借金を1本化するためのものなので銀行から借り入れたマイカーローンは利用対象外なのです。

信販会社で組んだマイカーローンもキャッシング枠であれば対象となりますが通常のマイカーローンのようにショッピング枠ということでしたら、利用することはできません。

おまとめローンの手続きで一番手軽な方法はweb完結というインターネットを使った手続きです。

自宅からなら気兼ねなく申し込みができますし、土日祝日でも、曜日や時間に関係なく申し込むことができます。

web申し込みとweb完結は違うために注意が必要ですがweb完結なら本人確認書類もカメラで撮影し画像を送るだけでOKです。

web申し込みは審査結果を受け取るまではweb完結と同じですが必要書類を持参して店舗へ出向いて契約する金融業者もあります。

web完結なら手続きがお手軽カンタンなだけでなく郵送でのやり取りが無いローンもあるので時間を節約することができます。

おまとめローンに申し込んでみたものの審査に落ちたという人はいませんか?その原因が明らかにならない限り、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性は否めません。

審査項目には年収をはじめ、勤務先や勤続年数、借入件数などがあり、これらの条件が問題が無ければ審査をクリアすることができます。

年収は多い方が有利ですが、肝心なことは借入総額とのバランスで借入希望額が年収の基準に収まっていれば返済可能と判断してもらえることが多いようです。

公務員や大企業の社員で勤続年数が長いほど評価が高く個人事業主の方や入社1年未満という方は評価は低いです。

個人信用情報は過去および現在の借り入れ状況を審査される項目でこれまでに自己破産や返済の遅延あった人、複数社から借り入れがある人は、審査が厳しくなります。

埼玉りそな銀行にはおまとめローンや借り換えローンがありませんがおまとめローンにも使えるフリーローンがあります。

最高借入れ限度額は10万円から300万円で金利は6.5%から14.0%銀行カードローンにもかかわらず、最短で翌日融資可能というスピード感も魅力です。

総量規制の適用外なので年収による貸し出し制限もありませんし年収による申し込み規制もありませんから、パートでも申し込むことができます。

利用できる人は日本在住、満20歳以上完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入があるという条件を満たす必要がありますが過去の返済状況によっては落とされる可能性があります。

限度額が300万円では足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」も提供されており前年の確定申告書などの収入を証明する書類が必要になります。

住宅ローンを借りる際にカードローンを利用していると審査に不利に働くという話を聞きますが返済負担率さえ問題が無ければ、カードローンを利用していても不利になるとは限らないという意見もあります。

そうはいっても、カードローンで借金している事実は変わりませんからなるべくカードローンは住宅ローンの審査までに解約しておくことをおすすめします。

なお、多重債務者の場合はおまとめローンで1本化することが最優先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの融資は難しいだろうと考える人もいると思いますが取引実績がある金融機関で問題なく返済していれば融資を受けていてもプラス評価になります。

それに加えて住宅ローン利用者は優遇金利となる場合がありますから優良顧客という自信がある人は同じ金融機関で住宅ローン審査を受けることをおすすめします。

おまとめローンの審査でつまづいている人は通らない原因をつきとめることが先決です。

通常、ローン審査には「属性審査」と「個人信用情報」の2つの審査がありそれぞれの項目で問題がなければ審査落ちの可能性は低いです。

年収が低くても他社からの借入総額が低ければ問題がありませんが借入総額が年収の1/3をオーバーしている場合は審査落ちは確実です。

スコアリング審査は安定性や確実性の判断材料となり契約社員はアルバイトと同じレベルで評価される場合もあります。

おまとめローンの場合、利用者は多重債務者なので返済の延滞歴がある人は審査通過は困難です。

おまとめローンとは複数の金融業者から借金をしている人が既存のローンを一括返済するために、新規の融資を受けるためのローンです。

何件もの金融機関から借り入れをしていると返済日が何回もあるので残高の管理が大変です。

与信枠が低いと高い金利になり不利ですから何件ものローンを1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

でも、おまとめローンの利用申し込み者は多重債務者なので審査が不利になったり、厳しくなる事があります。

おまとめローンという商品を提供している金融業者もありますのでそのような業者なら前向きに審査してくれると思います。