高齢者の光ブロードバンド契約のトラブルとは?

近頃、光回線業者が高齢者宅を訪問し、強引な勧誘を迫ったり、判断力の劣りつつある高齢者を口先でうまく言いくるめて契約をさせるなど、光回線に関連した契約トラブルが増えています。
こういった事態を受けて、総務省では契約から8日以内であれば解約が行える光回線の契約に対しクーリングオフ制度を2015年にも導入する方針を明確にしました。
プロバイダをどれにするか決める時にはあらかじめ評判をチェックしておくのがお勧めだと思います。
プロバイダを選択する上で大切なのは安定して接続をしていけるのか、安定した速度を保つことができているかなどですから、きっちりと確認してください。
また地域によっても差が出てきますので、ご自分の暮らしておられる地域の情報なども確かめておくと良いです。
光回線を使用しているのならIP電話を活用してみると便利でおすすめです。
ネットの回線を活用するので、一般の電話回線がするように音声データを何度も交換機から中継しなくてもよいのです。
そういった理由から電話料金がかなり安価になり、アサヒネットやbiglobeなどの人気プロバイダーにより違いはありますが、月の料金が一般の電話回線よりも安くなることが多くあります。