リフォーム減税の審査合否はいつぐらい?

住宅ローン減税の対象はあくまで住宅です。
土地購入のみではダメみたいですね。
将来、新築か中古の物件を購入しローンを予定されている方は返済期間をどれくらいで設定し完済するのか決めましょう。
住宅ローン減税があるからって自分の収入とは掛け離れた高級住宅を選んだり借入額を増やす等することは危険かも? 原則として、決められた期間で申し込むのですが実際にこの期間までかかる方は少ないです。
住宅ローンは長い月日返済し続けないといけないので、審査はとても慎重に行われます。
審査の合否判断には約1週間前後かかります。
結果は口頭もしくは電話で伝えられます。
審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。
審査に通れば、本格的な契約に移ることができます。
この契約の時には、銀行から指定された書類をすべて揃える他実印・諸費用も揃えておきましょう。
諸費用は借入する額によって人それぞれなので、銀行側から指示されます。
たいていの場合、数十万?数百万単位の金額が指示される様です。
今では住宅ローンにもいくつか種類があるので、今注目されている商品がどのような物なのか分らず、決めきれずにいる方が非常に多くなっています。
ただ第三者であるアドバイザーの意見を聞いてから、借入れをするという方法も一つですがお金がかかります。
利息の代金も完済するまでは払わないといけないので、有料の相談は受けたくないという方が大半です。
中には仲介になってくれる方がFPの資格を持っている事もあり、お金を払わなくてもプロの意見を聞くことが出来ます。
探せる範囲でいいので自分でも検索しておきましょう。